Top > 生活 > 日足チャート

日足チャート

やっと仕かける時という場面では、第一に事前調査を横着してはいけません。

 

トレードを行う前ならば起こる事を合理的に調べる事が可能です。

 

しかし、いっぺん相場の内部へ立ち入ってしまうとどう試みても物の見方が自分勝手なものになりがちで、重要な時に真っ当な見方ができなくなる恐れが生じる。

 

だから己の論理的なうちに、きちっと準備をしておくことが必要です。

 

"事前準備"とは、まずは自分の筋書きを書くことからスタートする。

 

この先のあの通貨はこうなるだろうから、ランドを売る(あるいは買う)というふうにあなたなりの脚本を書いていきます。

 

次に大切なのは日足チャートを見ましょう。

 

それ以前の為替相場の上がり下がり見つめて現時点での値段を調べます。

 

そうすると、「今のところだいぶ行き過ぎた段階になっている」とか、そうでなければ「大方の方々が勝負している今さら自分がエントリーしても今さら遅すぎるな」ということが見えてくる。

 

当然ですが今はもうしかけるのが手遅れだなと感じたならば、何もしないで、そこのところは潔く割り切ることが大切です。

 

どうやってもストーリー展開を譲らずに無理やり注文すると、相場に跳ね返されて、かえって損することになる危険性があります。

 

そうは言ってもかなりのケースで、準備万端の自分なりの筋書きを作っておけば売り(または買い)がやりようがないという場面にはならないと考えます。

 

明確に相場が動意する前の状況のはずだからです。

 

その次は、まずは自らがとろうと決めている通貨の変化を、注意深く点検する事が肝心。

 

仮に円安になるという脚本を作成したのであれば、ドル円の変化に気をつけておきます。

 

為替相場の変動を注視し始めた場面ではドル円は目立って変化する素振りを見せることなく上下に小さな上げ下げをしているだけでしょう。

 

しかし、その変動をちゃんと注目しているとある位置で確実に、ドル高へとマーケットが変動し始めます。

 

このタイミングで、ドルのエントリーします。

 

普通、緻密に準偏をやっておけばそのトレードで利益を上げる割合は結構高まるはずだ。

 

生活

関連エントリー
妊娠する覚悟フラッシュモブをやるかどうか危険を回避日足チャートフラッシュモブの参加方法プロポーズで驚かせたい埋もれ毛の悩み~私の処理方法が間違ってた?テスト